墨田区には目には見えなくても古き良き江戸の伝統が脈々と息づいています。そんな素敵な街、墨田区の魅力をご堪能ください。

浅草をはじめとするひな人形の歴史

  • HOME »
  • 浅草をはじめとするひな人形の歴史


  

  • 平安時代、殿上人や女官の間で楽しまれていたひな遊びは「宇津保物語」や「源氏物語」にも見られる。男女の紙人形を季節に関係なくもて遊んだものだが、その後旧三月三日の上巳(じようし)の節句にわが身のけがれを草人形に託して海や川に流すという、みそぎの行事と結びつき、ひな祭りになったといわれる。
    紙人形や身代り人形が今日のような立派なものになったのは江戸中期の元禄時代で、世の中が安定し、人形細工も精巧になると流すのが惜しまれ、精巧なひなは観賞用としてひな段に飾られるようになった。
    また中国の上巳の節句には桃の枝を必ず飾った。桃の木が霊木とされていたからで一名「桃の節句」と呼ばれるわけである。
    ひな祭りも、昔は上流家庭だけのもののように思われがちだが、決してそうではなく、庶民は庶民なりに手作りの人形や料理でそれぞれの子の成長を祝ったものである。
    江戸時代には、毎年二月に浅草をはじめ各所で「ひな市」が立ち、人形は市で買うものときまっていた。明治以降も東京では日本橋十件店(じゅっけんだな)、木町、尾張町(銀座四丁目)、浅草茅町(浅草橋)、上野池ノ端仲町、神楽坂、芝神明などで、明治の末ごろになると郊外に近い新興の場所にもほうぼうに市がたったといわれる。
    そのころは、すべて正札をつけずに相手とのカケヒキであきないしたもので、丁度トリの市の熊手、ダルマ市のダルマなどを買うような調子だった。客の方もひな人形は値切って買うものという習慣がついていたので、百貨店でひな人形を扱いはじめたころは値切る客があって困ったといわれる。また、なかには値段のほかにご祝儀を置く客があり、これも断わるのにひと苦労したそうだ。
    そのむかしは、ひな市に不便な町には、つづらや、組重をてんびん棒でかついで売りに来たという。
    人形の飾り方も、ずっとほ昔は台の上にただ並べたもので、段飾り形式になったのは元禄時代から。人形の並べ方は、上段から向かって左が男びな、右が女びな、これは明治初期からのことで、それ以前は逆だった。
    人形の顔にも流行があって、人形師の好みで作られ、好きな女優さんや恋人の顔になんとなく似できたりするものだという。人形はなんにも言わないけれど、人形もまた時代の感覚とともに”生きて”いるのである。

Copyright © 墨田区の魅力 clinique Bouchard All Rights Reserved.